パニック症候群の原因は千差万別色々な元凶があります。たとえば、パニック症候群の原因には緊張があると言われていますが、たちまち起きるために元凶がわからないという奴もいます。脳の中にある、青い斑点の中心にあるノルアドレナリン神経繋がりと呼ばれる部分には、体躯がヤバイといった判断すると、注意を出すという働きがあると言われています。パニック症候群では、こういうノルアドレナリン神経繋がりが誤稼働を起こしているという始末が多いとされています。危険なことが起きていないものの、注意が出てしまって、発作が起きていると考えられるのです。ノルアドレナリン系の神経繋がりは不具合意欲を起こしてしまいますが、こういう不具合意欲は、のち恐れ説いた意欲にかかわる大脳辺緑繋がりという部分に達してしまい、それが見通し当惑を発生させるとも言われているのです。パニック症候群の発作が何度も来てしまって、何度も繰り返してこういう発作が起きてしまうという、その結果、脳が勝手にそのことを学習して、怖いという気持ちから、体躯を遠ざけようとして、その部位を避けさせようというしたり、思い出すだけで不安な気持ちになるともいわれているのです。パニック症候群の原因は、正直原因としては、緊張や今のお決まりなどが元凶ともされているのですが、他にも一家にパニック症候群のクランケがいたについてには、遺伝するということもあり得ますので、遺伝が原因で、パニック症候群の原因になっていると言われています。胸がスッキリする系漫画である善悪の屑